アースエンジニアリング

私たちは『生命環境の中庸』を求め、
開発・製造活動に取り組んでいます。

生命環境の中庸とは、

‘人が、健やかに育まれる、適切な環境’という思いを込めた
私たちアースエンジニアリングの活動の大きな指標です。

産業機械の開発分野で1978年創業の実績を持つ技術陣が、「健康へのあくなき追求」を目指して、開発した製品が、スイソニアです。

「健康ゾーンを拡大する」
それが、私たちの研究開発の使命です。

長寿大国、日本で生まれた一つのアプローチ。
日本は、世界でも有数の長寿大国となりました。
私たちの関心は、単に寿命を伸ばすことを超えて、
‘健康な状態で長生きすること’になりました。

たとえば、年齢を重ねることで
運動機能が衰えることがあっても、
たとえば、大病を経験し、体のどこかに
不具合を抱えることがあっても、

医師に頼り切った日常や病院通いの生活ではなく、
それぞれの状況をしっかりと受け止めながら、
「私は今、健康です」と
毎日を生き生きと過ごせることが大切と考えています。

「健康ゾーンを拡げる」とは、

自分自身の健康を、他人任せにしない考え方を
もっともっとたくさんの方に伝えたいという思いの象徴です。

ストレスフルな環境で忙しい方も、
体に障害を抱える方も、
激しい運動に従事するアスリートも、
加齢で何らかの影響を感じる方も、

すべての方にお届けしたい思いです。