H(H₂O)m

H(H₂O)m

独自のテクノロジー
過熱蒸気還元法

独自のテクノロジー
過熱蒸気還元法

スイソニアは、日本の技術が生んだ独自テクノロジー
「過熱蒸気還元法」により生成された、
スイソニア蒸気(水素を含む蒸気混合気体)を吸入する医療機器です。

私たちは、それを「H(H₂O)m」という記号で表しています。

安心・安全の医療機器として、日本国内で正式に
加熱式ネブライザーとして登録され、
スイソニア蒸気の副次的作用に対する研究が
世界各地でなされています。

スイソニアは、日本の技術が生んだ独自テクノロジー「過熱蒸気還元法」により生成された”水素を含む蒸気混合気体「H(H₂O)m」”を吸入する医療機器です。

安心・安全の医療機器として、日本国内で正式に加熱式ネブライザーの医療機器として認められ、生成する特別な蒸気の副次的効果に対する研究が世界各地でなされています。

ニューモデル・デビュー!

suisonia HOME

Gun Metallic

Pearl White

もっと身近な健康パートナー。

「suisonia HOME」誕生!

さらに軽量化・小型化し

より使いやすい suisonia へ。

もっと身近な健康パートナー。

「suisonia HOME」誕生!

さらに軽量化・小型化し

より使いやすい suisonia へ。

¥ 1,210,000  税込

税別価格 1,100,000 円

BENEFITS

01

場所を選ばない
一般医療機器

医療機器であるスイソニアはクリニック、水素サロンなどに導入されていますが、ご家庭で安心してご使用いただけます。suisonia HOMEは主に、ご家庭での使用をイメージして「ゼロからデザイン」されました。

使い方は非常にシンプルです。電源を入れ、精製水を注ぎ、スタートボタンを押します。約15分待ってから吸入チューブを本体に接続し、鼻から耳に装着して、あとはRelax。


02

研究されている
特別な蒸気

スイソニアが生成するスイソニア蒸気 H(H₂O)m は、基礎研究や臨床試験にて実際に研究されています。これまで基礎研究では、免疫系、炎症系、血管系の研究が行われてきました。臨床研究では、腎臓系、呼吸器系、心臓血管系などの研究が実施され、中には論文発表されたものもあります。2020年12月にコロナ後遺症(Long-COVID)の研究が始まり、論文発表に向けて現在進捗中です。

国内外の医療者たちのご協力により、これらの研究活動は続いており、研究結果や報告に関する詳しい情報は、弊社の研究機関「MLS研究所:mlslabo.com」にて閲覧可能です。


03

suisoniaならではの
独自の技術

スイソニアが水素を作り出す方法は 自社で開発されました。安心安全の医療機器メーカーである弊社は お客様の安全を配慮し 水素を生成する新しい方法を開発しました。

700~750℃という高熱と特殊なカートリッジを用いて、水から還元された水素を生成し 水蒸気と混合します。

そのきめ細やかな混合気体で 鼻粘膜をうるおわせながら スイソニア蒸気を体内へ送り込みます。


04

Suisonia株式会社
安心の医療機器メーカー

Suisonia株式会社は 安全性と信頼性が担保された医療機器メーカーです。水素吸入関連製品 しかも「電気分解ではなく 独自技術の開発の医療機器メーカー」です。

・第三種医療機器製造販売業許可証
・医療機器製造業登録証

05

安心・安全の品質
メンテナンス、
アフターケア

弊社は高い品質と医療機器クラスの安全性に加え、メンテナンス+アフターケアをしっかりとサポートできる体制を整えております。

弊社は常により高い基準を目指しつつ 現在はISO-13485の取得に向けて進めており 工場のクリーン対策も行なっております。


TECHNOLOGY

独自の技術

水素が発生するスイソニアの仕組み

水素が発生する
スイソニアの仕組み

※ヒーター内部のイメージ

研究に研究を重ねて開発に成功した水素発生ヒーター装置。
700〜750℃の高熱を長時間、安定的、また安全に保ちます。
これが、スイソニアならではの、H(H
2O)m を作る条件です。

研究に研究を重ねて開発に成功
した水素発生ヒーター装置。

600〜700℃の高熱を長時間、
安定的、また安全に保ちます。

これが、スイソニアならではの、
H(H
2O)m を作る条件です。

H(H₂O)m

H(H2O)m

独自の技術による「過熱蒸気還元法」採用。

独自の技術による
過熱蒸気還元法を採用。

スイソニアの水素ができるまで

H(H2O)mができるまで

01

ヒーターを過熱し、
水蒸気を通す

まずは、H(H₂O)mができる条件を整えます。カートリッジを600℃以上に過熱し、その周りを水蒸気でびっしりと囲い込むことです。

※イメージ。右側のオレンジに光った部分がカートリッジです。
左側は水分子のクラスターです。

02

化学反応を起こす

水蒸気は非常に高熱の空間を通り抜ける過程でカートリッジに触れます。

すると…

※イメージ。カートリッジに近づいていく水分子(H2O)

03

水蒸気(H₂O)を還元し、水素ができる。

水 (H₂O) は、二つの水素と一つの酸素で構成されていますが、高温のカートリッジは水分子の酸素と反応してしまい、酸素 (O) を取ってしまいます。すると、その空間に水素 (H) が残ります。

重要なのは、ここからです。

※イメージ。酸素がカートリッジに取られ、水素が残る様子。

04

水素を水で包囲して、H(H₂O)mが出来る

周りは水分子で包囲されているため、出来た水素は一気に水蒸気に囲まれてしまいます。こうして初めて”水素を含む蒸気混合気体”、つまりH(H₂O)m が出来上がるのです。

※イメージ

05

出来上がった気体を
崩さないように

H(H₂O)m が出来上がった後、その気体構成を崩さないよう鼻まで運ぶ必要があります。弊社はこの H(H₂O)mを崩さないよう特別な吸入チューブをデザインしました。

※イメージ

弊社のこだわり

特別な「スイソニア吸入チューブ」

こだわりの
「スイソニア吸入チューブ」

弊社は吸入チューブの設計にもこだわり、ゼロからデザイン致しました。

その理由は、出来るだけスイソニアの気体構成を崩さず、使用者の鼻まで送ることにあります。

コンセプトとして、鼻の差し込み部分の内部の空間を広げ、気体が密集しない設計となっています。また、スイソニアの気体がゆっくり均等にチューブ内を流れるように、チューブの内径を市販の吸入チューブよりも50%近く広く設計しました。気体の流れや気圧が急に変化しないように、チューブ全体をしなやかな素材に仕上げました。

日本では唯一、特殊コーティングされている。

さらに、弊社の吸入チューブはパリレン加工(オプション品)という、生体適合性、生物学的安全性が認められた特殊な抗菌コーティングが施されています。パリレン加工により、ミクロレベルの細菌、ウイルス、体液などの付着を極力防ぎます。パリレンは特に心臓のペースメーカや 腹腔鏡、また歯のインプラントなどの医療最先端の技術 に使われています。日本国内で販売されている吸入チューブでパリレン加工が施された物は、弊社の「スイソニア吸入チューブ」のみです!

※スイソニアご使用の際は、付属の吸入チューブのご使用を強くお勧めします。

EVIDENCE

スイソニアは国内外で研究されている。

スイソニア蒸気は学術系基礎研究を通して基本的な作用について研究を行っており、海外の研究機関などと共同で臨床研究も実施されております。

・基礎研究では主に活性酸素、糖化ストレス、がん細胞などに対するスイソニア蒸気の作用について研究されてきました。

・日本以外に、これまで中国(北京協和医院・呼吸器系)、セイシェル共和国(レナセンス病院・腎臓系)、ロシア(ロシア科学アカデミー・呼吸器系)などで臨床試験を実施しております。

・今後も新たな共同研究を通して、スイソニア蒸気について詳しい研究が始まります。

弊社は新規性のある、このスイソニア蒸気の研究に特に力を入れております。弊社の研究機関MLS研究所では、スイソニアの研究について詳しい情報が掲載されています。

世界クラスの透析センターにて、スイソニアの研究が行われた。

セイシェル共和国には、世界クラスの透析センター(Renasense Renal Care Center)にて、弊社のスイソニアが2018年に2台導入されました。その後、弊社の共同研究者キショア・クマール(Kishore Kumar M.D. PhD)医師のご指導のもとで、人工透析を受けておられる23名の参加者に対して臨床試験が行われました。

2018にRenasense Renal Care Centerへ導入された2台のsuisonia FRJ-III。腎臓内科医のキショア・クマール先生が臨床試験を担当する(右から三人目)。弊社MLS研究員の日髙(左から三人目)。

ロシアの著名な医師により、コロナ後遺症の臨床試験が実施される。

昨年の12月より、ロシアで新たな臨床試験が実施されました。今後の課題となる新型コロナウイルスの後遺症(Long-COVID)に対する臨床試験です。この臨床試験はロシアで著名な呼吸器科医のアレクサンダー・チュチャーリン教授によって担当され、60名のコロナ後遺症を患っている医療関係者が対象として行われました。

この研究は、モスクワ大学、ピラゴフロシア医科大学、ロシア科学アカデミーと弊社の研究機関MLS研究所により共同で行われ、臨床試験はプレトネフ病院にて実施されました。

プレトネフ病院にて、コロナ後遺症を持つ医療従事者(60名)に対して行われた臨床試験。

これまで弊社、また弊社の共同研究期間や大学にて取り組んできた研究に関する詳しい情報は、弊社の研究機関(MLS研究所)のサイトにてアップデートされます。

suisonia HOME

Product Image

様々な活用シーン

suisonia lifestyle

海外における、スイソニアの活躍

海外における、
スイソニアの活躍

suisonia and the world

スイソニアは日本だけでなく、海外仕様の医療機器バージョンも製造しております。特にロシアでスイソニアの研究が進むにつれ、スイソニアが話題となっており、有名なオリンピックの女子フィギュア選手の御二方が、スイソニアへ関心を寄せられ、ご使用いただいております。

メドベージェワ選手

Evgenia Medvedeva

平昌オリンピック銀メダリスト・女子フィギュアスケート選手

メドベージェワ選手は、2020年後半に新型コロナウイルスに感染後、長期に渡って後遺症(Long-COVID)  を患っていました。

当時ロシアでスイソニアの研究が行われたため、メドベージェワ選手もスイソニアに関心を持ち、早速リハビリのためにスイソニアを試して頂けました。

その後、メドベージェワ選手はご自宅でのスイソニアとのツーショットの写真を自らInstagramに投稿されました。今では回復されました。

トゥルソワ選手

Alexandra “Sasha” Trusova

女子フィギュアスケート選手、世界選手権世界記録保持者

トゥルソワ選手は、メドベージェワ選手とスイソニアの関わりについて知ったのち、是非自分も吸入してみたいと思われ、弊社 はトゥルソワ選手とビデオ会議システムを通して、8月11日に贈呈式を 行いました。

ロシアにおける「suisonia」の代理店様「Formed社」のご協力のもと、この贈呈式が可能となり、ご本人は今後もトレーニング後のコンディションを整える際に是非スイソニアを毎日活用したいと述べられました。

ご購入について

suisonia HOME

もっと身近な健康パートナー。

「suisonia HOME」誕生!

さらに軽量化・小型化し

より使いやすい suisonia へ。

Gun Metallic

Pearl White

もっと身近な健康パートナー。

家庭「suisonia HOME」誕生!

さらに軽量化・小型化し

より使いやすい suisonia へ。

¥ 1,210,000  税込

税別価格 1,100,00 円

お問い合わせ・お見積もり

フリーダイヤル:0120-775-665
電話:093-617-3181

お住まいの都道府県をご選択ください。
ご紹介者様がおられる場合、ご紹介者様の詳細をご入力頂けたらと思います。

お問い合わせに関するご連絡

お見積もりや商品に関するお問い合わせについて、ご連絡可能な電話番号に弊社からご連絡いたします。
下記より、ご都合の良い日付と時間帯をご選択ください。
休日/祝日のご連絡の対応については大変お手数ですが[弊社の休日のお知らせ]についてご確認いただけたら幸いです。
こちらの項目をチェックすることにより、Suisoniaから最新のニュースやお得な情報をいち早くメールにて受け取ることができます。

スイソニアの保証について

0
メーカー保証
0
ヒーター保証

スイソニア一台一台には「12ヶ月」のメーカー保証が適用されます。

ヒーター関連の部分には「24ヶ月」の保証が適用されます。(ヒーターの累計使用時間2500時間、かつ24ヶ月間の使用時間に限る)

スイソニア一台一台には「12ヶ月」の
メーカー保証が適応されます。

ヒーター関連の部分には「24ヶ月」の
保証が適用されます。(ヒーターの累計使用時間2500時間、かつ24ヶ月間の使用時間に限る)

より、お求めやすく
なりました!

お支払い回数
0

月々12,600円(税込)

60回払い:頭金:¥100,000|初回お支払い:¥13,454|月額:¥12,600|ボーナス払い:¥50,000/年2回

※このお支払い例は、表示された価格、金利などは予告なく変更となる場合がございます。

※ご参照例の頭金・ボーナス加算金額は、ご入力いただいた金額と異なる場合があります。

※ローンのご利用につきましては、特定のローン会社の審査が必要となります。詳細についてはお問い合わせください。

世界で唯一のコンパクトなスイソニア蒸気
(水素を含む蒸気混合気体)吸入装置