Suisonia III型

一般医療機器

医療機器としての吸入器 *1

Suisoniaは, 医療機関及び医療従事者だけではなく, どなたでもご使用, ご購入いただけます。

Suisoniaが生み出す水素

Suisoniaは「過熱蒸気還元法」という独自の技術を採用しています。

基礎研究と臨床研究

Suisoniaはエビデンス構築のため, 基礎研究と臨床研究に対し日々取り組んでいます。

Suisoniaは濃度にこだわらず、

にこだわります

Suisonia独自の技術
過熱蒸気還元法により
水素を含む水蒸気 を生成します。

添加物の多い食事。過度の運動。
生活上のストレス。

体内に悪影響をもたらす「活性酸素」を作り出す原因として考えられています。

毎日活性酸素をバランスよく取り除くようアシストします。

Suisoniaの研究

Suisonia独特の技術(過熱蒸気還元法)によって生成される水素を含む蒸気混合ガス。このガスが普通の水素との違いについて科学的に知らせるため、大学・病院・研究所にて基礎研究/臨床試験を行われています。実際、既にSuisoniaに関する論文が発表されており、当社の研究機関であるMLS研究所にて、Suisoniaの作用について基礎医学的な研究から、医療応用の可能性を探る臨床医学的な研究データが発表されています。詳しくはMLS研究所のサイトをご覧ください。

研究に研究を重ねてきてできたモノ

適正濃度の水素を含む蒸気混合ガス


自然界と水蒸気

朝は特に気温が下がるため、気圧も下がり、多くの水を含んだ水蒸気が発生します。自然豊かな山の斜面でみられる霧が、森の土を覆い、森全体の植物に益を与えます。自然界は水蒸気を必要としていることが明らかでしょう。

私たちのカラダは「90% 水」で出来ています。そのため、常に水を必要としています。しかし、水素はどんな場合に役立つでしょうか?

Suisoniaの水素を含む蒸気混合ガス

地上には「ごく微量の水素」が存在します。一方、宇宙空間では、水素(原子状)が最も多く存在しています。不思議なことに、人間のカラダがエネルギーを作り出す際、水素を必要としています。洪水の様に多過ぎず、少な過ぎず、程よいバランスの水素が有益と言えるでしょう。研究に研究を重ねた結果、程よい量の水素を生成しながら、水蒸気で優しくつつみこむことに成功しました。

是非、ご体感ください!

過熱蒸気還元法

Suisoniaの技術 *2

他社の水素発生器でよく使われている技術は、ほどんど「電気分解法」により水素を生成しています。素早く、かつ低コストで高濃度の水素を生成できます。

しかし、Suisoniaは独自の技術「過熱蒸気還元法」により、まず水蒸気を作り出してから、特殊なカートリッジを用いて水素を生成し、それをやさしく水蒸気に含めます。

Suisoniaの研究チーム

Arai Koukichi

医療法人永光会名誉理事長で医学博士。医療と介護の両面に広い見識を持つ。

Miyuki Tanimoto

医療法人永光会の理事長。‘地域のかかりつけ医’として自ら往診診療を続ける。MLS研究所倫理委員長を兼務。 有床診療所「新井クリニック」代表を務める。

Akira Hirakawa

医療法人ほほえみ会理事長。高齢医療と介護福祉に精通しておられる。

Hiroki Maehara

琉球大学病院で准教授を務める医学博士。専門は整形外科、高気圧酸素治療。

Xu Kai Feng

中国の北京协和病院にて、主任医師として務める。呼吸器科医としてCOPDを専門とする。++

Li Guang Xi

中国の中国科学院、北京広安門の呼吸器の専門医。中国の環境問題となっているPM2.5と、それに関わる。++

Kishore Kumar

腎臓病専門医。セイシェルのRenasense病院で勤務。++

国内でSuisoniaを​
導入している施設

2020年6月アップデート

大学・病院・クリニック
0
サロン
0

Suisonia

水素 × 蒸気

これまで無かった方法で、生成された水素。これまでの研究成果。そんな「Suisonia」の魅力を、皆さんに知っていただきたいと思います。

備考:

*1 Suisoniaは医療機器として登録されています。

*2 過熱蒸気還元法に関する特許は取得済みです(特許 第6100386号|特許 第6346943号)